帰国。そして、また落とし込み、歩む

無事に帰国しました。

イギリスでお世話になったTutorの方々、また楽しく有意義な時間を共に過ごしてくれた仲間に深く感謝です。

 

講義、ワークショップ、クラスにおいての学びは元より、

ミディアムとして成長する過程の厳しさや尊さ、その真の意味など・・

更に深く心に落とし込めた感覚、それらを自分の最大最高のお土産として持って帰れたように思います。

 

今回のテーマは、参加した皆にとっても「謙虚さ」だったんじゃないかなぁ?

そんなテーマになるような出来事が結構あったので、それもそれで「ひとは自分の鏡」の気づきだったんですよね。

 

本場イギリスで名も通るミディアム、プロとして活躍できるようなミディアムになるには、

少なくとも、能力があっての上でも、10年以上はかかります。

 

日本においては、信頼できて、活躍されているプロのミディアムの方々は、至極当然ながらもっともっと少ない。

しかも能力だけではなく、人格的な成長、もしくは魂の成長を顧みないならば、真のミディアムとは言い難い。

 

講義の中で、イエス・キリストが最も最初に認知されたスピリチュアリストであり、真のミディアムだというお話がありました。

 

そのことを取ってみても、いかに、このプロになるということが容易ではないことが解ると思います。

 

「私はミディアムです」と、声高に掲げることが出来るようになるまでの道のりを歩んでいる、というのが正しい、今の自分。

 

そしてそれは決して容易ではないけれど、

その道程は、とても自分の魂・スピリットが落ち着く歩み、でもあることを再認識したという感じです。

 

この学びは自分にとって幸せなんですよね。

 

しかも、自分というスピリットをいつも見守り励まし、

慈愛で包んでくれている霊界のスピリットたちにとっても同じように幸せなのだと

教えていただきました。今更なのですが(笑)

 

ネット環境も良くなかった滞在でしたが、それがかえって良かった。

 

「自分というたった一つの存在を生きる」「自分の使命をただ感じて、信頼して、ひたすら迎合せず歩む」

それはとても心穏やかな日々でした。

 

さて、そんな帰国後。これからの歩み方やワークの内容など、頭の中の整理が始まっています。

テーマはやはり、

 

謙虚に・コツコツと・信頼して・ゆだねて・楽しんで

私らしくただ在るのみ

 

ミディアムシップの練習をもっと増やしながら、今までの他の学びをまた深く落とし込んでいきます。

 

2週間お休みいただき有難うございました!


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ひなよです。 (月曜日, 06 7月 2015 20:00)

    まずはお疲れさま!

    そしてありがとうございます!

    すばらしい内容でした。

    この高みを目指すことが人類の最終目標なのでしょうね。

    わたしもブログの中で宣言しました。
    この道のりを歩んでいける環境と、私のいのちに感謝です。

    これからも、色々教えてください!
    まずは講座に伺います。

  • #2

    MiChi (月曜日, 06 7月 2015 20:15)

    ひなよさん、有り難うございます。
    ひなよさんの強い信念を最近の記事から感じられます。
    学んできて、ちゃんと落とし込めた自信があるからだろうなぁ、と。
    私は、風の流れに任せながら、ヒラヒラ舞いながらも、いつか大地にたどり着き、何事もなかったように溶けたい。。みたいな感じです。
    なんだかよく解りませんが(笑)
    楽しいながらも緊張感あるworkshopにしたいです。
    お話できること楽しみにしています。✨