カードたちと共に飛び込んだ「プチ探検ツアー」の日

今年に入ってから、ご縁で島田市のカフェ、ポプリさんでのイベントに参加させていただいてます。

昨日も1日大勢の方々が訪れてくださいました。

私はタロットと数秘を使ってのセッションでした。ご縁を頂いた皆様に深く御礼申し上げます。

 

私にとって、カードとは、なくてはならないパートナーのようなものです。

一緒に手を取って、お客様のオーラの中に飛び込んでくれる存在という感じです。

思い切って飛び込んでみないと、そこで観える風景がいったいどんなものかは判らないだけでなく、どんな風にその風景を捉えてよいのかも解りません。

カードたちとの深遠な探検は、様々な風景の彩りから体感までを私に伝えてくれます。

そして、その体験へとお客様も一緒に飛び込んでくださった時、共感共振のパルスが小さな空間を飛び交うという現象となります。

 

お客様が決して傍観しないように、

勝手に私とカードたちだけが飛び込まないように、細心の注意を払い、さぁ今から一緒に探検にいきますよ!と手を取り入っていくような感じです。

 

自分の内面へと飛び込んでいけた時、そして、その風景を主観的&客観的に観ることが出来たなら、もうその探検を楽しんでいる状態です。

 

喜怒哀楽、怒り、寂しさ、幸福感、・・どんな思考や感情も優しく受容してきてあげる探検であればあるほど・・

現実に戻ってきた時に、腑に落ち、時にはすっきり爽やか、そして深い慈しみへの愛などのお土産も、いつのまにか手にしてきたことに気が付くのです。

 

そういった探検:冒険は、ショートセッションではなかなか難しいかな?と思っていた私は、イベントでの参加を選択してきませんでした。

しかし、多くの方との今回のような経験を積ませていただいて、意外に、これはプチ探検ツアーと思えば、可能なんだと思えるようになりました。

 

また、サロンでは90分ほどかけて行っているセッションですが、

それもそれで私にとっての真骨頂です。

 

それぞれのパターンにおいて、臨機応変に楽しいセッションが出来ることにこしたことはありません。

 

柔軟にカードたちとプチ探検ツアーにもこれから対応していきたいと思っています。

 

あぁ、ただし、1日10名様位が限界だな・・・とは思いましたが(^^;)

 

今回の主催「彩RHYTHMプロジェクト」の森西恵美子女史、共にイベントに参加された皆様に深く感謝致します。

そしていつも明るく迎えてくださるカフェ「ポプリ」の皆様にも感謝です。


次回の予定は、金谷のお茶の郷さんですかね。ありがとうございます。