スピ寺で学ぶこと

今月からひっそりとスタートしたスピリチュアル寺子屋:スピ寺です。

昨日は、チャネリング講座、で、今日はサイキック講座でした。

 

受講される方のペースというのがあって、基本そのペースを大切にしていきたいです。

スピリチュアルの世界の学びの一番不安になる要素は、やはり自信を持てない。。ということ。視えないものを学ぶことがほとんどなので仕方がないです。

 

レイキの生徒さんも「本当にエネルギーを流せているのかわからないです」

 

その不安な気持ちが度々浮上するので段々と意識が薄れていくんですね。

ハッキリ言って、絶対に流せてますから大丈夫ですよ、とは言い切れないのも事実です、正直。そういって励ますことはできますが、それもまた視えないのになぜ判るのでしょうか?という疑問としてどうしても付きまとうからです。

 

では、どうしたらエネルギーが流れているのがわかるのでしょうか?

 

他者にヒーリングを行う際には、

★その方が「気持ちが良い・温かくなる(体やハートが)・眠くなる・感謝できる」などの表現をされていることが目安です。

自分で何かにヒーリングを送る際は、

★対象にヒーリングをしている間の感覚が同じように「穏やか・安らぐ・温かい・眠くなる・感謝できる・幸福感」などとして自分に反映されていることが目安です。

 

潜在意識で対象と同調することをヒーリングというツールを通してやっているわけですから、五感にすんなり入ってくるものをキャッチできていればいいわけです。キャッチした五感を言葉や感情で顕在意識で表現するからです。

 

そのキャッチした表現が聞いても発しても心地よいものであるなら、

ヒーリングは成功しています。

 

そして、何よりも、自分自身の五感を信頼することです。

 

それは、自分自身を認めているかいないか、自分自身と対話できるかどうか、

そして自分自身を愛しているかどうか。。ここに直結しています。

 

スピ寺でお伝えするどの講座においても、この自己信頼感なくしては意味がないのです。

もしこの自己信頼感や自分を愛することが根本にないのであれば、同調するエネルギーは欠如したものとなります。

また、スピリチュアルな能力があったとしても、何のためにその能力を活かしたいのかがハッキリしていない状況でそれを表現しても、同じように流すエネルギーは欠如していると思います。

方向性がハッキリしないエネルギーの波動は、どこへ焦点を絞って進めばいいのかを明確にしてもらった方がスムーズに飛んでいきます。

 

私自身もいつもちゃんと出来ているかどうかは判りませんが(笑)

ただ、自分のエネルギーを信頼しています。高低の度合いは別としてもです。

スイッチが入るような感覚もあります。

チャネリングにしても、サイキックにしても、ヒーリングにしても、

タロットのセッション、ミディアムシップにしても、五感を感じることを楽しみます。

 

あなたがあなたであることを疑わないことです。

 

あなたが感じる全てのことはあなたが一番知っています。

 

出来ているかどうかを不安に恐怖に思うよりも、

あなたのエネルギーをその人のために、ほんの少しでもお役に立てるよう願って、同じ目線で、ただ使ってください。

 

そして、決して、自分が特別ではなく、ただそういうツールを使ってこの人生を豊かに過ごせる選択をした、一人の人間であることを思い起こすだけでいいのです。

 

スピ寺での学びはそんな気づきが基本なんだよな。。と思ってます。

これからもボチボチ行きます〰。感謝です。

 

 

LOVE は循環です
LOVE は循環です