渋谷の天使からの贈り物

うちのサロンでサービスランチを頑張って出してくれているシェフ

 

一人娘さんが春から就職して渋谷にお引越しされました。

薬剤師のお仕事です。立派です~。

 

その娘さんからシェフへのバースディプレゼントがちょっと遅れて届きました。

そのプレゼントがとっても粋だったので記事にアップしちゃいます。

 

 

コックウェア!
コックウェア!
愛犬2匹の刺繍入り(#^.^#)
愛犬2匹の刺繍入り(#^.^#)

「さすが!俺の娘だ~!もうすっごく嬉しい~。。タイムリーだよな!あいつはメチャスピリチュアルなやつなんだよなぁ~ヽ(*´∀`)ノ」

 

とあまりの嬉しさにサロンに携帯してきたほどでした(^<^)

 

私はシェフのその感想を聞いて

(目に見え無いスピの世界に困惑し、愛を信じることができずに彷徨う人々がまだまだ多いこの3次元だけど、

目に見えて形になってちゃんと伝わる愛もあって

見えるとか見え無いとかじゃなくて、

やっぱり感じることができるかできないか?が大切なポイントなんだろうな。。)

そんな風に思ったんですね。

 

感じること。。感受性が豊かであるかないかの違いは大きくて

見えるものも然り、見え無いけど在るものも両方感じ取れる魂であること

 

その両方に通じるお仕事をしていかなきゃな。。って思いました。

 

シェフにとっての天使

 

ちゃんと自分とともに、いつも在る天使が娘さんなんだなぁ